It returns first.

2009年07月22日

Image689.jpg
十九、二十の海の日。
豪雨



ドラムの多田氏と参加
一緒に乗り込んだ友人某A子は即寝大爆睡
悪天候の中、構わずライヴは決行されてゆく

そんな雨の舞台に一人輝く女性
英語と思われる
きっとオリジナル
何かのプロモーションヴィデオを観てる様

この雨さえも味方に
また風は彼女の髪を靡かせる

綺麗。

最終段階暴風雨は難無く収まり、
ハイカロリーズのライヴが始まる
少しコーラスをさせて戴いたのだが、
完全に感電!

唇に電気が走るなり
私は思わず声を上げる

あいたたた


そして兎某M穂さんと社長某Mぐさんと共にステージへ
高揚し過ぎて腕を組むつもりがM穂さんの髪を引っ張るるる

主催のH楽団のライヴも終了し、
うらうらら呑んだ暮れていると
多田氏撃沈

無理しゃり起こして某A子と格闘開始
砂だらけである

暴走は止まらず投げ投げられ。

キャッチボール三球ラリーで某A子の眼球に球が直撃!
白目に亀裂、笑

そして御片付け
私のパパと多田氏、某A子で巨大テントを四隅より収納
これがまた難儀
ごみを捨て、ファッションもーテルに車三台で向かう

渚の白城Rコーストは満室
何件か巡ったのち、小さなモーテルへ
一室しか空いておらず、四人同じ階段を上る

一人ずつシャワーを浴び、
順に終身、、就寝

暑さで起床十三時
ベッドは勿論砂でざらつく事うけあい(原因はほぼ私)
気付けばパパは193センチも身長があると言うのに
私が寝ても狭いであろうソファーに首を脅威な方向に曲げ
何と足を直立させて無理しゃり収まっていた笑。

チキンライスと蕎麦うどんドライなカレーを食す

寝惚けながらそれぞれ車へ乗り込む
見事に無言で中央区へ着く
戦車を済ませ、何故か丸山動物園へ
そして何故かハンバーグカレー
そしてハンバーグカレーは煌いていた
幸せである


某A子の希望で九条通りのEグル(これ無意味)の
キャパシティーへ

あまり乗り気ではなかったがG狼に落ち着く
しかし当時の所持金が十倍に
こんな事は初体験だったので何故か腑抜けになる

しょーRんのスープカレーハンバーグトッピング(昼と同じ様なものを食べてる事に後で気付いた)を食す
が、疲労困憊で完食出来ず、、

近頃野球にはまっているらしい某A子さん
眼球に打球を受けた事も忘れているのか、
バッティングセンターへいざなわれる
体痛い、、と思っていたが段々楽しくなる!

最後は兎へ
素敵な出逢いもあり、
疲労も吹き飛んでしまいそうな位幸せな一日であった



さあ、日曜日はライヴだ。
posted by 浮世 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。